当院の診療方針

医院入り口

外科は一般外科を中心とし、特に消化器系の検査と治療を主としています。
胃内視鏡は、苦痛の少ない細経経鼻内視鏡と、通常の経口内視鏡があり、患者様の検査内容、ご希望等にて使い分けています。
大腸内視鏡検査では内視鏡的大腸ポリープ切除術等も行っていますのでご希望の方はご相談下さい。
手術は肛門疾患を中心に行っております。
従来の手術療法に加え、当院では切らない内痔核注射療法(ジオン注)も行っています。気軽にご相談下さい。
内科は生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)に対して積極的に取り組んでいます。
特に糖尿病を主に治療・食事療法の指導をていねいにおこなっています。
指導には栄養士も参加いたします。
リハビリセンターでは2名の理学療法士が、脳血管障害、整形外科的四肢関節疾患に対しリハビリに努め、リハビリセンター内には、看護師2名ヘルパー1名が勤めています。

医院案内

■所在地■
〒516-0014 三重県伊勢市楠部町乙77

■電話・FAX■
TEL:0596-22-2218 FAX:0596-22-2275

■アクセス方法■
こちらのページで紹介しております。

■診療科目■
外科、内科、肛門外科、胃腸内科、リハビリテーション科
※その他、訪問看護、訪問リハビリテーションも行なっております。

■診療受付時間■

診療案内

院内・診療設備など

手術風景
当院では最新の設備を用い、痔疾患を中心に入院による手術、日帰り手術を行っています。

内視鏡風景
当院では大腸内視鏡検査、経口・経鼻の胃内視鏡検査を行っています。

ルセラ

内視鏡は当院ではオリンパス社の最新のEVIS LUCERA CV-260を導入していますので、高度で専門的な診療検査が可能です。胃内視鏡では患者さまの苦痛の少ない細経(5.5mm)の経鼻内視鏡GIF XP260Nを導入しています。

洗浄機

当院では内視鏡を世界水準で洗浄、消毒しています。 内視鏡による検査や治療はさまざまな病気の早期発見・治療を可能にしてきました。しかし一方で、十分に消毒されていない内視鏡の使用によって院内感染が起きているのも事実です。
現在世界各国でこの問題に取り組むために、内視鏡の洗浄法についてのガイドラインが作られています。
当院では内視鏡を日本内視鏡技師会(JGETS)ガイドラインに沿って厳重な洗浄、消毒を行っており、すべての検査に使用する内視鏡を高水準消毒剤『フラタール製剤』で洗浄し、感染予防に努めていますので、患者様は安心して検査・治療を受けて頂くことができます。

鉗子

ひとりひとりの安心のために当院では「ディスポーザブル(使い捨て)」です
生検鉗子は内視鏡検査の際に小さな組織を消化管粘膜から直接採取する器具です。
当院では患者さんの感染を防ぎ、安心して検査を受けて頂くために、生検鉗子、スネア(ポリープ切除器具)、粘膜の局所注射器等の使い捨てを行い、検査毎に新しい生検鉗子等を使用しています。
生検鉗子の代金は当院が負担させて頂き、(1本3000円相当)この使い捨てのために患者様の経済的負担が増えることはありません。

▲ページトップに戻る